Press Release


アジア太平洋地域の食品市場が急成長、2014年に世界全体の33%シェアを占める見込み

-ベトナム、インドネシア、タイで飲料・乳製品の需要拡大

 

プレスリリース
2014年4月17日

フロスト&サリバンは、アジア太平洋地域の食品市場は現在急成長を遂げており、2014年に同地域は食品・飲料の世界市場全体において33%のシェアを占める見込みとする分析を発表した。都市化の発展や健康・ウェルネスに向けた意識の向上、食品の安全性に対する警戒の高まりなどが消費者動向に影響を与え、アジア太平洋地域の食品市場の急成長へとつながっている。


「アジア太平洋地域の食品市場は継続的な成長を遂げており、この地域における経済の主要なけん引役となることが予測される。アジア太平洋地域における需要は、2014年には北米と欧州を合わせた需要よりもさらに上回る見込みである」と、フロスト&サリバンのアジア太平洋地域におけるリサーチマネージャーのナターシャ・デコスタは述べる。主に、飲料、乳製品、栄養強化食品の分野において成長が見られるとデコスタは述べる。


アジア太平洋地域では、ノンアルコール飲料や栄養強化飲料が強い伸びを示しており、ボトル入り飲料水や、Ready-To-Drink (RTD)タイプのそのまま飲めるコーヒー、紅茶、ジュースが主な成長分野となることが見込まれている。ベトナムやインドネシアといった東南アジアでは、RTD紅茶の需要が急速に高まっており、フレーバードティーや緑茶が国内の消費者に好まれている。


「RTD飲料の利便性や、消費者間での健康・ウェルネスに対する意識の高まりが、RTD紅茶の伸びをさらに推進し続けることが予測される。ボトル入り飲料水は、特にインドネシア、タイ、フィリピンで大きな伸びを示しており、水不足や清潔な水の供給不足といった問題がこのマーケットの主な成長要因となっている」とデコスタは指摘する。


アジア太平洋地域における乳業・乳製品市場は、米国や西欧の市場と比べてより早いペースで成長することが見込まれる。デコスタは、「乳製品の摂取による健康効果の認識が次第に高まりを見せていることが要因となっている。中国では若い世代が乳製品を日常の食事に取り入れる傾向が高まっており、アジア太平洋地域における乳製品の需要における先駆者となっている。東南アジアでは乳製品が豊富な食事が一般的であり、世界最大の牛乳の生産量を誇るインドでは、そのほとんどが国内で消費されている。製造メーカーは栄養を強化した乳製品を製造することで付加価値を与えており、このタイプの製品の需要が高まりを見せている」と述べる。


アジア太平洋地域では、栄養強化タイプの乳製品セクターにおけるプロバイオティクス市場は継続した成長を示しており、同地域における市場規模は2011年の3億1千万米ドルから2018年には5億2280万米ドルに成長することが予測される。「消化管や免疫システムの機能改善を立証する栄養機能の研究の進化や、消費者の購買力平価に伴う安価なプロバイオティクス製品の流通、日本やオーストラリア、シンガポールなどの国々における高齢化に伴う予防医療の取り組みが背景に挙げられる」とデコスタは指摘する。


乳業・乳製品市場においては、タイ、中国、シンガポールにおいて乳幼児の栄養補給に向けたスキムミルクが主な需要分野となることが見込まれている。また、特に韓国と日本においてチーズの需要が高まることが予測されている。乳飲料および栄養を強化した乳製品は新たな成長機会となる製品であり、アジア太平洋全土において需要が高まることが見込まれている。


アジア太平洋地域の人々においては、特に鉄分、ヨウ素、ビタミンAなどの微量栄養素の欠乏が報告されている。貧困や栄養失調などの問題に向けた認識が高まる中で、基本的な食品の栄養素を強化する取り組みへとつながっている。フィリピンではコメの鉄分が強化され、中国では醤油の栄養素、インドでは小麦の鉄分と食塩のヨウ素の強化が行われている。


「政府はより多くの栄養強化食品の導入を試みており、その結果としてこのタイプの食品の需要が高まっている。食品の栄養素の強化は、今後数年間にわたって引き続き政府の主な取り組み分野となることが予測され、食塩や小麦、シリアルなどの栄養強化食品市場は、近いうちに主要な成長分野となることが見込まれる」とデコスタは話す。


アジア太平洋地域における人口比や構成が変化するにつれて、食の嗜好や食料の需要も変化することで、この地域における食品業界が急激に成長を見せることが予測されると、デコスタは述べる。

 

本件に関するお問い合わせ先:
フロスト&サリバン インターナショナル 担当:辻
〒107-6123 東京都港区赤坂5-2-20 赤坂パークビル
電話:03-4550-2215 FAX:03-4550-2205 
E-mail: anna.tsuji@frost.com
www.frost.com

 ※「フロスト&サリバン インターナショナル」は、2014年に「フロスト&サリバン ジャパン株式会社」に社名変更しました