プレスリリース

FILTER BY

『グローバル金融サービスの最前線87%が求める効率性向上がソリューション開発の鍵に』 – フロスト&サリバン最新ICT調査

米国本社のもとグローバル市場調査とアドバイザリーを提供する、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(東京都港区/代表取締役 山村浩/以下、フロスト&サリバン)は、「先進的なコミュニケーション&コラボレーションソリューションが、世界における金融サービスの現場の効率性を向上させる(Advanced Communication and Collaboration...

read more

『ネット不正の検出と防止(FDP)市場規模、2024年までに154.5億米ドルに成長』 – フロスト&サリバン最新ICT 予測

米国本社のもとグローバル市場調査とアドバイザリーを提供する、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(東京都港区/代表取締役 山村浩/以下、フロスト&サリバン)は、「企業のセキュリティに対する懸念が、世界の不正検出および防止ソリューションを牽引(Enterprise Security Concerns Drive Global Demand for Fraud...

read more

フロスト・アンド・サリバン・ジャパン 代表取締役に 山村浩が就任

この度、グローバル市場調査とアドバイザリーを提供する、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(東京都港区/以下、フロスト&サリバン)の代表取締役に山村浩(やまむら・ひろし)が就任しました。山村のリーダーシップのもと、フロスト&サリバンは、更なる成長と企業価値の向上を目指します。日本および海外における事業開発、セールスおよびマーケティングの豊富な経験から、これまで...

read more

フロスト&サリバン、調査レポートを発表:『企業と消費者のニーズが5Gネットワークインフラの需要を推進』

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、『企業と消費者のニーズが5Gネットワークインフラの需要を推進』について調査レポートを発表いたしました。...

read more

クリーンモビリティのリーダーである2社が電動化競争において協力

インドの電気自動車の数が二輪車のセグメントにより牽引されるなか、製造能力を拡大し急増する需要に対応するために、インドの大手二輪車メーカーが戦略的パートナーシップを締結する。 インド電気自動車(EV)市場の2021年は、売上が前年から倍以上に成長する素晴らしい年でした。2022年の見通しが非常に強気であるなか、電動二輪車セグメントにおけるインド最大手のHero...

read more

フロスト&サリバン、調査レポートを発表:「監視技術における革新が、世界の監視ソリューション市場の成長を促進」

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、『監視技術における革新が、世界の監視ソリューション市場の成長を促進』について調査レポートを発表いたしました。...

read more

法定通貨としての暗号通貨と中央銀行のデジタル通貨:デジタル化が進む世界経済の動向

高まるインフレ圧力、地政学的影響、拡大するインターネット接続、ファイナンシャルインクルージョンが広がる見込みが、民間、公共両方におけるデジタル通貨の成長を加速させるだろう。中央銀行の任務遂行能力、そして中期的な暗号通貨価格の変動が、競合する2つのデジタル通貨の原型に対する国民の支持を決定する重要な要因になるだろう。 デジタル通貨のユニバース...

read more

フロスト&サリバン、調査レポートを発表:『オンデマンドフードデリバリーサービス:東南アジアは次の成長フロンティア』

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、『オンデマンドフードデリバリーサービス:東南アジアは次の成長フロンティア』について調査レポートを発表いたしました。...

read more

【プレスリリース】フロスト・アンド・サリバン主催ウェビナー『ハイブリッドワーク時代に おけるクラウドセキュリティの現状と未来』

2022年4月18日 フロスト・アンド・サリバン株式会社   フロスト・アンド・サリバン主催ウェビナー『ハイブリッドワーク時代におけるクラウドセキュリティの現状と未来』を5月12日に開催 イスラエルのクラウドセキュリティ企業Cato Networks、サイバーセキュリティソリューション・プロバイダーのマクニカが協力パートナーとして参加...

read more

フロスト&サリバン、調査レポートを発表:『5G技術がインダストリー4.0を実現するための鍵となる触媒』

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、「5G技術がインダストリー4.0を実現するための鍵となる触媒」について調査レポートを発表いたしました。...

read more

スマートシティを進化させる新興センサー技術

デジタル化の推進とIoT技術の進化により、様々なセンサーがスマートシティに広く導入されている。昨今音響センサー、レーダーセンサー、ライダーセンサー、ミリ波レーダ等の新興技術及び従来の環境センサー、ガスセンサー、フローセンサー、湿度・温度センサーは、AI技術、エッジ、クラウドコンピューティング、高速通信システムと実装し、構築されるセンサーネットワークは、大量のデータ管理...

read more

サイバー攻撃を低減させる3つの有望なソリューション

サイバー攻撃増大の主な理由は、世界でのデジタル化の拡大である。企業・組織のデジタル機器の利用拡大により、サイバーに敵対する活動も拡大している。 コロナウイルス(coronavirus)、気候変動(climate change)、そしてサイバー犯罪(cyber...

read more

フロスト&サリバン、調査レポートを発表:パンデミックにより加速したデジタルトランスフォーメーションおよびオートメーションの導入拡大が、インドのIoT市場を推進する

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、「ハイブリッドワークが主流になり、世界のウェビナーおよびバーチャルイベント市場の成長が継続」について調査レポートを発表いたしました。...

read more

フロスト&サリバン、調査レポートを発表:2027年までアジア太平洋地域の企業向けビデオ会議市場を中華圏が支配する

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、「2027年までアジア太平洋地域の企業向けビデオ会議市場を中華圏が支配する」について調査レポートを発表いたしました。...

read more

フロスト&サリバン、調査レポートを発表:「ハイブリッドワークが主流になり、世界のウェビナーおよびバーチャルイベント市場の成長が継続」

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、「ハイブリッドワークが主流になり、世界のウェビナーおよびバーチャルイベント市場の成長が継続」について調査レポートを発表いたしました。    ...

read more

コロナウイルスによる車内のヘルス・ウェルネス・ウェルビーイング機能装備の加速

 コロナウイルスCovid-19の人々の健康や生活、そして経済や各業界への影響は、ここ数か月、ニュースや新聞等で毎日報道されている。自動車業界については、部品供給問題や需要減少による生産調整や工場の稼働停止が余儀なくされている。今回は別の視点からコロナウイルスの影響について考えてみたい。...

read more

コネクテッドトラックとデータ活用

2019年10月に開催された東京モーターショー2019では多くの自動車メーカーや部品サプライヤーが最新技術を盛り込んだコンセプトカーなどを展示した。その中でも特にトラックはデジタル技術の発展によってコネクテッド機能の拡充が顕著にみられ、人手不足が課題となっている物流業界では期待されている分野となって...

read more

食品デリバリー市場とモビリティ

 近年、ファストフード店やレストランが提供する料理をオンラインで注文し、自宅やオフィス等へ配達してもらう「オンライン食品デリバリーサービス」が広がりを見せている。グローバルでは、2018年の約820億ドルから2025年にはその倍以上の約2000億ドルに市場規模が拡大する見込みである(当社調べ)。そこで急拡大する市場と、そのような食品デリバリー市場で求められるモビリティ...

read more

自動車オンライン販売と市場機会

電気自動車市場をリードしている米テスラは2019年春に、同社が運営している米国内の販売店のうち一部を閉鎖し、インターネットから自動車を購入するオンライン販売に移行すると表明した。自動車のオンライン販売は、日本では馴染みの無いものの北米では21万台、中国では約29万台(当社調べ)といったように、グローバルでは着実な広がりを見せている。そのような自動車オンライン販売のメリ...

read more

アフリカ自動車市場の2019年の見通しとは? ~複雑なアフリカ市場で日系自動車メーカーが成功するには~

2018年9月3日掲載   「最後のフロンティア」として注目を集めるアフリカ自動車市場では、日産やトヨタなどの日系自動車メーカーも進出し、今後の動向に注目が高まっています。その一方で、国ごとに状況や特性が大きく異なり、今後の見通しが難しい市場であるのも事実です。  ...

read more

『グローバル金融サービスの最前線87%が求める効率性向上がソリューション開発の鍵に』 – フロスト&サリバン最新ICT調査

米国本社のもとグローバル市場調査とアドバイザリーを提供する、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(東京都港区/代表取締役 山村浩/以下、フロスト&サリバン)は、「先進的なコミュニケーション&コラボレーションソリューションが、世界における金融サービスの現場の効率性を向上させる(Advanced Communication and Collaboration...

read more

『ネット不正の検出と防止(FDP)市場規模、2024年までに154.5億米ドルに成長』 – フロスト&サリバン最新ICT 予測

米国本社のもとグローバル市場調査とアドバイザリーを提供する、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(東京都港区/代表取締役 山村浩/以下、フロスト&サリバン)は、「企業のセキュリティに対する懸念が、世界の不正検出および防止ソリューションを牽引(Enterprise Security Concerns Drive Global Demand for Fraud...

read more

フロスト・アンド・サリバン・ジャパン 代表取締役に 山村浩が就任

この度、グローバル市場調査とアドバイザリーを提供する、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(東京都港区/以下、フロスト&サリバン)の代表取締役に山村浩(やまむら・ひろし)が就任しました。山村のリーダーシップのもと、フロスト&サリバンは、更なる成長と企業価値の向上を目指します。日本および海外における事業開発、セールスおよびマーケティングの豊富な経験から、これまで...

read more

フロスト&サリバン、調査レポートを発表:『企業と消費者のニーズが5Gネットワークインフラの需要を推進』

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、『企業と消費者のニーズが5Gネットワークインフラの需要を推進』について調査レポートを発表いたしました。...

read more

クリーンモビリティのリーダーである2社が電動化競争において協力

インドの電気自動車の数が二輪車のセグメントにより牽引されるなか、製造能力を拡大し急増する需要に対応するために、インドの大手二輪車メーカーが戦略的パートナーシップを締結する。 インド電気自動車(EV)市場の2021年は、売上が前年から倍以上に成長する素晴らしい年でした。2022年の見通しが非常に強気であるなか、電動二輪車セグメントにおけるインド最大手のHero...

read more

フロスト&サリバン、調査レポートを発表:「監視技術における革新が、世界の監視ソリューション市場の成長を促進」

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、『監視技術における革新が、世界の監視ソリューション市場の成長を促進』について調査レポートを発表いたしました。...

read more

法定通貨としての暗号通貨と中央銀行のデジタル通貨:デジタル化が進む世界経済の動向

高まるインフレ圧力、地政学的影響、拡大するインターネット接続、ファイナンシャルインクルージョンが広がる見込みが、民間、公共両方におけるデジタル通貨の成長を加速させるだろう。中央銀行の任務遂行能力、そして中期的な暗号通貨価格の変動が、競合する2つのデジタル通貨の原型に対する国民の支持を決定する重要な要因になるだろう。 デジタル通貨のユニバース...

read more

フロスト&サリバン、調査レポートを発表:『オンデマンドフードデリバリーサービス:東南アジアは次の成長フロンティア』

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、『オンデマンドフードデリバリーサービス:東南アジアは次の成長フロンティア』について調査レポートを発表いたしました。...

read more

【プレスリリース】フロスト・アンド・サリバン主催ウェビナー『ハイブリッドワーク時代に おけるクラウドセキュリティの現状と未来』

2022年4月18日 フロスト・アンド・サリバン株式会社   フロスト・アンド・サリバン主催ウェビナー『ハイブリッドワーク時代におけるクラウドセキュリティの現状と未来』を5月12日に開催 イスラエルのクラウドセキュリティ企業Cato Networks、サイバーセキュリティソリューション・プロバイダーのマクニカが協力パートナーとして参加...

read more

フロスト&サリバン、調査レポートを発表:『5G技術がインダストリー4.0を実現するための鍵となる触媒』

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、「5G技術がインダストリー4.0を実現するための鍵となる触媒」について調査レポートを発表いたしました。...

read more

スマートシティを進化させる新興センサー技術

デジタル化の推進とIoT技術の進化により、様々なセンサーがスマートシティに広く導入されている。昨今音響センサー、レーダーセンサー、ライダーセンサー、ミリ波レーダ等の新興技術及び従来の環境センサー、ガスセンサー、フローセンサー、湿度・温度センサーは、AI技術、エッジ、クラウドコンピューティング、高速通信システムと実装し、構築されるセンサーネットワークは、大量のデータ管理...

read more

サイバー攻撃を低減させる3つの有望なソリューション

サイバー攻撃増大の主な理由は、世界でのデジタル化の拡大である。企業・組織のデジタル機器の利用拡大により、サイバーに敵対する活動も拡大している。 コロナウイルス(coronavirus)、気候変動(climate change)、そしてサイバー犯罪(cyber...

read more

フロスト&サリバン、調査レポートを発表:パンデミックにより加速したデジタルトランスフォーメーションおよびオートメーションの導入拡大が、インドのIoT市場を推進する

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、「ハイブリッドワークが主流になり、世界のウェビナーおよびバーチャルイベント市場の成長が継続」について調査レポートを発表いたしました。...

read more

フロスト&サリバン、調査レポートを発表:2027年までアジア太平洋地域の企業向けビデオ会議市場を中華圏が支配する

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、「2027年までアジア太平洋地域の企業向けビデオ会議市場を中華圏が支配する」について調査レポートを発表いたしました。...

read more

フロスト&サリバン、調査レポートを発表:「ハイブリッドワークが主流になり、世界のウェビナーおよびバーチャルイベント市場の成長が継続」

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、「ハイブリッドワークが主流になり、世界のウェビナーおよびバーチャルイベント市場の成長が継続」について調査レポートを発表いたしました。    ...

read more

『グローバル金融サービスの最前線87%が求める効率性向上がソリューション開発の鍵に』 – フロスト&サリバン最新ICT調査

米国本社のもとグローバル市場調査とアドバイザリーを提供する、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(東京都港区/代表取締役 山村浩/以下、フロスト&サリバン)は、「先進的なコミュニケーション&コラボレーションソリューションが、世界における金融サービスの現場の効率性を向上させる(Advanced...

read more

『ネット不正の検出と防止(FDP)市場規模、2024年までに154.5億米ドルに成長』 – フロスト&サリバン最新ICT 予測

米国本社のもとグローバル市場調査とアドバイザリーを提供する、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(東京都港区/代表取締役 山村浩/以下、フロスト&サリバン)は、「企業のセキュリティに対する懸念が、世界の不正検出および防止ソリューションを牽引(Enterprise Security...

read more

フロスト・アンド・サリバン・ジャパン 代表取締役に 山村浩が就任

この度、グローバル市場調査とアドバイザリーを提供する、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(東京都港区/以下、フロスト&サリバン)の代表取締役に山村浩(やまむら・ひろし)が就任しました。山村のリーダーシップのもと、フロスト&サリバンは、更なる成長と企業価値の向上を目指します。日本および海外に...

read more

フロスト&サリバン、調査レポートを発表:『企業と消費者のニーズが5Gネットワークインフラの需要を推進』

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、『企業と消費者のニーズが5Gネットワークインフラの需要を推進』について調査レポートを発表いたしました。...

read more

フロスト&サリバン、調査レポートを発表:「監視技術における革新が、世界の監視ソリューション市場の成長を促進」

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、『監視技術における革新が、世界の監視ソリューション市場の成長を促進』について調査レポートを発表いたしました。...

read more

法定通貨としての暗号通貨と中央銀行のデジタル通貨:デジタル化が進む世界経済の動向

高まるインフレ圧力、地政学的影響、拡大するインターネット接続、ファイナンシャルインクルージョンが広がる見込みが、民間、公共両方におけるデジタル通貨の成長を加速させるだろう。中央銀行の任務遂行能力、そして中期的な暗号通貨価格の変動が、競合する2つのデジタル通貨の原型に対する国民の支持を決定する重要な要...

read more

【プレスリリース】フロスト・アンド・サリバン主催ウェビナー『ハイブリッドワーク時代に おけるクラウドセキュリティの現状と未来』

2022年4月18日 フロスト・アンド・サリバン株式会社   フロスト・アンド・サリバン主催ウェビナー『ハイブリッドワーク時代におけるクラウドセキュリティの現状と未来』を5月12日に開催 イスラエルのクラウドセキュリティ企業Cato...

read more

フロスト&サリバン、調査レポートを発表:『5G技術がインダストリー4.0を実現するための鍵となる触媒』

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、「5G技術がインダストリー4.0を実現するための鍵となる触媒」について調査レポートを発表いたしました。...

read more

スマートシティを進化させる新興センサー技術

デジタル化の推進とIoT技術の進化により、様々なセンサーがスマートシティに広く導入されている。昨今音響センサー、レーダーセンサー、ライダーセンサー、ミリ波レーダ等の新興技術及び従来の環境センサー、ガスセンサー、フローセンサー、湿度・温度センサーは、AI技術、エッジ、クラウドコンピューティング、高速通...

read more

サイバー攻撃を低減させる3つの有望なソリューション

サイバー攻撃増大の主な理由は、世界でのデジタル化の拡大である。企業・組織のデジタル機器の利用拡大により、サイバーに敵対する活動も拡大している。 コロナウイルス(coronavirus)、気候変動(climate change)、そしてサイバー犯罪(cyber...

read more

フロスト&サリバン、調査レポートを発表:パンデミックにより加速したデジタルトランスフォーメーションおよびオートメーションの導入拡大が、インドのIoT市場を推進する

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン...

read more

『グローバル金融サービスの最前線87%が求める効率性向上がソリューション開発の鍵に』 – フロスト&サリバン最新ICT調査

米国本社のもとグローバル市場調査とアドバイザリーを提供する、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(東京都港区/代表取締役 山村浩/以下、フロスト&サリバン)は、「先進的なコミュニケーション&コラボレーションソリューションが、世界における金融サービスの現場の効率性を向上させる(Advanced Communication and Collaboration...

read more

『ネット不正の検出と防止(FDP)市場規模、2024年までに154.5億米ドルに成長』 – フロスト&サリバン最新ICT 予測

米国本社のもとグローバル市場調査とアドバイザリーを提供する、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(東京都港区/代表取締役 山村浩/以下、フロスト&サリバン)は、「企業のセキュリティに対する懸念が、世界の不正検出および防止ソリューションを牽引(Enterprise Security Concerns Drive Global Demand for Fraud...

read more

フロスト・アンド・サリバン・ジャパン 代表取締役に 山村浩が就任

この度、グローバル市場調査とアドバイザリーを提供する、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(東京都港区/以下、フロスト&サリバン)の代表取締役に山村浩(やまむら・ひろし)が就任しました。山村のリーダーシップのもと、フロスト&サリバンは、更なる成長と企業価値の向上を目指します。日本および海外における事業開発、セールスおよびマーケティングの豊富な経験から、これまで...

read more

フロスト&サリバン、調査レポートを発表:『企業と消費者のニーズが5Gネットワークインフラの需要を推進』

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、『企業と消費者のニーズが5Gネットワークインフラの需要を推進』について調査レポートを発表いたしました。...

read more

クリーンモビリティのリーダーである2社が電動化競争において協力

インドの電気自動車の数が二輪車のセグメントにより牽引されるなか、製造能力を拡大し急増する需要に対応するために、インドの大手二輪車メーカーが戦略的パートナーシップを締結する。 インド電気自動車(EV)市場の2021年は、売上が前年から倍以上に成長する素晴らしい年でした。2022年の見通しが非常に強気であるなか、電動二輪車セグメントにおけるインド最大手のHero...

read more

フロスト&サリバン、調査レポートを発表:「監視技術における革新が、世界の監視ソリューション市場の成長を促進」

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、『監視技術における革新が、世界の監視ソリューション市場の成長を促進』について調査レポートを発表いたしました。...

read more

法定通貨としての暗号通貨と中央銀行のデジタル通貨:デジタル化が進む世界経済の動向

高まるインフレ圧力、地政学的影響、拡大するインターネット接続、ファイナンシャルインクルージョンが広がる見込みが、民間、公共両方におけるデジタル通貨の成長を加速させるだろう。中央銀行の任務遂行能力、そして中期的な暗号通貨価格の変動が、競合する2つのデジタル通貨の原型に対する国民の支持を決定する重要な要因になるだろう。 デジタル通貨のユニバース...

read more

フロスト&サリバン、調査レポートを発表:『オンデマンドフードデリバリーサービス:東南アジアは次の成長フロンティア』

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、『オンデマンドフードデリバリーサービス:東南アジアは次の成長フロンティア』について調査レポートを発表いたしました。...

read more

【プレスリリース】フロスト・アンド・サリバン主催ウェビナー『ハイブリッドワーク時代に おけるクラウドセキュリティの現状と未来』

2022年4月18日 フロスト・アンド・サリバン株式会社   フロスト・アンド・サリバン主催ウェビナー『ハイブリッドワーク時代におけるクラウドセキュリティの現状と未来』を5月12日に開催 イスラエルのクラウドセキュリティ企業Cato Networks、サイバーセキュリティソリューション・プロバイダーのマクニカが協力パートナーとして参加...

read more

フロスト&サリバン、調査レポートを発表:『5G技術がインダストリー4.0を実現するための鍵となる触媒』

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、「5G技術がインダストリー4.0を実現するための鍵となる触媒」について調査レポートを発表いたしました。...

read more

スマートシティを進化させる新興センサー技術

デジタル化の推進とIoT技術の進化により、様々なセンサーがスマートシティに広く導入されている。昨今音響センサー、レーダーセンサー、ライダーセンサー、ミリ波レーダ等の新興技術及び従来の環境センサー、ガスセンサー、フローセンサー、湿度・温度センサーは、AI技術、エッジ、クラウドコンピューティング、高速通信システムと実装し、構築されるセンサーネットワークは、大量のデータ管理...

read more

サイバー攻撃を低減させる3つの有望なソリューション

サイバー攻撃増大の主な理由は、世界でのデジタル化の拡大である。企業・組織のデジタル機器の利用拡大により、サイバーに敵対する活動も拡大している。 コロナウイルス(coronavirus)、気候変動(climate change)、そしてサイバー犯罪(cyber...

read more

フロスト&サリバン、調査レポートを発表:パンデミックにより加速したデジタルトランスフォーメーションおよびオートメーションの導入拡大が、インドのIoT市場を推進する

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、「ハイブリッドワークが主流になり、世界のウェビナーおよびバーチャルイベント市場の成長が継続」について調査レポートを発表いたしました。...

read more

フロスト&サリバン、調査レポートを発表:2027年までアジア太平洋地域の企業向けビデオ会議市場を中華圏が支配する

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、「2027年までアジア太平洋地域の企業向けビデオ会議市場を中華圏が支配する」について調査レポートを発表いたしました。...

read more

フロスト&サリバン、調査レポートを発表:「ハイブリッドワークが主流になり、世界のウェビナーおよびバーチャルイベント市場の成長が継続」

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、「ハイブリッドワークが主流になり、世界のウェビナーおよびバーチャルイベント市場の成長が継続」について調査レポートを発表いたしました。    ...

read more

『グローバル金融サービスの最前線87%が求める効率性向上がソリューション開発の鍵に』 – フロスト&サリバン最新ICT調査

米国本社のもとグローバル市場調査とアドバイザリーを提供する、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(東京都港区/代表取締役 山村浩/以下、フロスト&サリバン)は、「先進的なコミュニケーション&コラボレーションソリューションが、世界における金融サービスの現場の効率性を向上させる(Advanced Communication and Collaboration...

read more

『ネット不正の検出と防止(FDP)市場規模、2024年までに154.5億米ドルに成長』 – フロスト&サリバン最新ICT 予測

米国本社のもとグローバル市場調査とアドバイザリーを提供する、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(東京都港区/代表取締役 山村浩/以下、フロスト&サリバン)は、「企業のセキュリティに対する懸念が、世界の不正検出および防止ソリューションを牽引(Enterprise Security Concerns Drive Global Demand for Fraud...

read more

フロスト・アンド・サリバン・ジャパン 代表取締役に 山村浩が就任

この度、グローバル市場調査とアドバイザリーを提供する、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(東京都港区/以下、フロスト&サリバン)の代表取締役に山村浩(やまむら・ひろし)が就任しました。山村のリーダーシップのもと、フロスト&サリバンは、更なる成長と企業価値の向上を目指します。日本および海外における事業開発、セールスおよびマーケティングの豊富な経験から、これまで...

read more

フロスト&サリバン、調査レポートを発表:『企業と消費者のニーズが5Gネットワークインフラの需要を推進』

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、『企業と消費者のニーズが5Gネットワークインフラの需要を推進』について調査レポートを発表いたしました。...

read more

クリーンモビリティのリーダーである2社が電動化競争において協力

インドの電気自動車の数が二輪車のセグメントにより牽引されるなか、製造能力を拡大し急増する需要に対応するために、インドの大手二輪車メーカーが戦略的パートナーシップを締結する。 インド電気自動車(EV)市場の2021年は、売上が前年から倍以上に成長する素晴らしい年でした。2022年の見通しが非常に強気であるなか、電動二輪車セグメントにおけるインド最大手のHero...

read more

フロスト&サリバン、調査レポートを発表:「監視技術における革新が、世界の監視ソリューション市場の成長を促進」

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、『監視技術における革新が、世界の監視ソリューション市場の成長を促進』について調査レポートを発表いたしました。...

read more

法定通貨としての暗号通貨と中央銀行のデジタル通貨:デジタル化が進む世界経済の動向

高まるインフレ圧力、地政学的影響、拡大するインターネット接続、ファイナンシャルインクルージョンが広がる見込みが、民間、公共両方におけるデジタル通貨の成長を加速させるだろう。中央銀行の任務遂行能力、そして中期的な暗号通貨価格の変動が、競合する2つのデジタル通貨の原型に対する国民の支持を決定する重要な要因になるだろう。 デジタル通貨のユニバース...

read more

フロスト&サリバン、調査レポートを発表:『オンデマンドフードデリバリーサービス:東南アジアは次の成長フロンティア』

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、『オンデマンドフードデリバリーサービス:東南アジアは次の成長フロンティア』について調査レポートを発表いたしました。...

read more

【プレスリリース】フロスト・アンド・サリバン主催ウェビナー『ハイブリッドワーク時代に おけるクラウドセキュリティの現状と未来』

2022年4月18日 フロスト・アンド・サリバン株式会社   フロスト・アンド・サリバン主催ウェビナー『ハイブリッドワーク時代におけるクラウドセキュリティの現状と未来』を5月12日に開催 イスラエルのクラウドセキュリティ企業Cato Networks、サイバーセキュリティソリューション・プロバイダーのマクニカが協力パートナーとして参加...

read more

フロスト&サリバン、調査レポートを発表:『5G技術がインダストリー4.0を実現するための鍵となる触媒』

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、「5G技術がインダストリー4.0を実現するための鍵となる触媒」について調査レポートを発表いたしました。...

read more

スマートシティを進化させる新興センサー技術

デジタル化の推進とIoT技術の進化により、様々なセンサーがスマートシティに広く導入されている。昨今音響センサー、レーダーセンサー、ライダーセンサー、ミリ波レーダ等の新興技術及び従来の環境センサー、ガスセンサー、フローセンサー、湿度・温度センサーは、AI技術、エッジ、クラウドコンピューティング、高速通信システムと実装し、構築されるセンサーネットワークは、大量のデータ管理...

read more

サイバー攻撃を低減させる3つの有望なソリューション

サイバー攻撃増大の主な理由は、世界でのデジタル化の拡大である。企業・組織のデジタル機器の利用拡大により、サイバーに敵対する活動も拡大している。 コロナウイルス(coronavirus)、気候変動(climate change)、そしてサイバー犯罪(cyber...

read more

フロスト&サリバン、調査レポートを発表:パンデミックにより加速したデジタルトランスフォーメーションおよびオートメーションの導入拡大が、インドのIoT市場を推進する

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、「ハイブリッドワークが主流になり、世界のウェビナーおよびバーチャルイベント市場の成長が継続」について調査レポートを発表いたしました。...

read more

フロスト&サリバン、調査レポートを発表:2027年までアジア太平洋地域の企業向けビデオ会議市場を中華圏が支配する

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、「2027年までアジア太平洋地域の企業向けビデオ会議市場を中華圏が支配する」について調査レポートを発表いたしました。...

read more

フロスト&サリバン、調査レポートを発表:「ハイブリッドワークが主流になり、世界のウェビナーおよびバーチャルイベント市場の成長が継続」

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、「ハイブリッドワークが主流になり、世界のウェビナーおよびバーチャルイベント市場の成長が継続」について調査レポートを発表いたしました。    ...

read more

『グローバル金融サービスの最前線87%が求める効率性向上がソリューション開発の鍵に』 – フロスト&サリバン最新ICT調査

米国本社のもとグローバル市場調査とアドバイザリーを提供する、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(東京都港区/代表取締役 山村浩/以下、フロスト&サリバン)は、「先進的なコミュニケーション&コラボレーションソリューションが、世界における金融サービスの現場の効率性を向上させる(Advanced Communication and Collaboration...

read more

『ネット不正の検出と防止(FDP)市場規模、2024年までに154.5億米ドルに成長』 – フロスト&サリバン最新ICT 予測

米国本社のもとグローバル市場調査とアドバイザリーを提供する、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(東京都港区/代表取締役 山村浩/以下、フロスト&サリバン)は、「企業のセキュリティに対する懸念が、世界の不正検出および防止ソリューションを牽引(Enterprise Security Concerns Drive Global Demand for Fraud...

read more

フロスト・アンド・サリバン・ジャパン 代表取締役に 山村浩が就任

この度、グローバル市場調査とアドバイザリーを提供する、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(東京都港区/以下、フロスト&サリバン)の代表取締役に山村浩(やまむら・ひろし)が就任しました。山村のリーダーシップのもと、フロスト&サリバンは、更なる成長と企業価値の向上を目指します。日本および海外における事業開発、セールスおよびマーケティングの豊富な経験から、これまで...

read more

フロスト&サリバン、調査レポートを発表:『企業と消費者のニーズが5Gネットワークインフラの需要を推進』

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、『企業と消費者のニーズが5Gネットワークインフラの需要を推進』について調査レポートを発表いたしました。...

read more

クリーンモビリティのリーダーである2社が電動化競争において協力

インドの電気自動車の数が二輪車のセグメントにより牽引されるなか、製造能力を拡大し急増する需要に対応するために、インドの大手二輪車メーカーが戦略的パートナーシップを締結する。 インド電気自動車(EV)市場の2021年は、売上が前年から倍以上に成長する素晴らしい年でした。2022年の見通しが非常に強気であるなか、電動二輪車セグメントにおけるインド最大手のHero...

read more

フロスト&サリバン、調査レポートを発表:「監視技術における革新が、世界の監視ソリューション市場の成長を促進」

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、『監視技術における革新が、世界の監視ソリューション市場の成長を促進』について調査レポートを発表いたしました。...

read more

法定通貨としての暗号通貨と中央銀行のデジタル通貨:デジタル化が進む世界経済の動向

高まるインフレ圧力、地政学的影響、拡大するインターネット接続、ファイナンシャルインクルージョンが広がる見込みが、民間、公共両方におけるデジタル通貨の成長を加速させるだろう。中央銀行の任務遂行能力、そして中期的な暗号通貨価格の変動が、競合する2つのデジタル通貨の原型に対する国民の支持を決定する重要な要因になるだろう。 デジタル通貨のユニバース...

read more

フロスト&サリバン、調査レポートを発表:『オンデマンドフードデリバリーサービス:東南アジアは次の成長フロンティア』

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、『オンデマンドフードデリバリーサービス:東南アジアは次の成長フロンティア』について調査レポートを発表いたしました。...

read more

【プレスリリース】フロスト・アンド・サリバン主催ウェビナー『ハイブリッドワーク時代に おけるクラウドセキュリティの現状と未来』

2022年4月18日 フロスト・アンド・サリバン株式会社   フロスト・アンド・サリバン主催ウェビナー『ハイブリッドワーク時代におけるクラウドセキュリティの現状と未来』を5月12日に開催 イスラエルのクラウドセキュリティ企業Cato Networks、サイバーセキュリティソリューション・プロバイダーのマクニカが協力パートナーとして参加...

read more

フロスト&サリバン、調査レポートを発表:『5G技術がインダストリー4.0を実現するための鍵となる触媒』

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、「5G技術がインダストリー4.0を実現するための鍵となる触媒」について調査レポートを発表いたしました。...

read more

スマートシティを進化させる新興センサー技術

デジタル化の推進とIoT技術の進化により、様々なセンサーがスマートシティに広く導入されている。昨今音響センサー、レーダーセンサー、ライダーセンサー、ミリ波レーダ等の新興技術及び従来の環境センサー、ガスセンサー、フローセンサー、湿度・温度センサーは、AI技術、エッジ、クラウドコンピューティング、高速通信システムと実装し、構築されるセンサーネットワークは、大量のデータ管理...

read more

サイバー攻撃を低減させる3つの有望なソリューション

サイバー攻撃増大の主な理由は、世界でのデジタル化の拡大である。企業・組織のデジタル機器の利用拡大により、サイバーに敵対する活動も拡大している。 コロナウイルス(coronavirus)、気候変動(climate change)、そしてサイバー犯罪(cyber...

read more

フロスト&サリバン、調査レポートを発表:パンデミックにより加速したデジタルトランスフォーメーションおよびオートメーションの導入拡大が、インドのIoT市場を推進する

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、「ハイブリッドワークが主流になり、世界のウェビナーおよびバーチャルイベント市場の成長が継続」について調査レポートを発表いたしました。...

read more

フロスト&サリバン、調査レポートを発表:2027年までアジア太平洋地域の企業向けビデオ会議市場を中華圏が支配する

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、「2027年までアジア太平洋地域の企業向けビデオ会議市場を中華圏が支配する」について調査レポートを発表いたしました。...

read more

フロスト&サリバン、調査レポートを発表:「ハイブリッドワークが主流になり、世界のウェビナーおよびバーチャルイベント市場の成長が継続」

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、「ハイブリッドワークが主流になり、世界のウェビナーおよびバーチャルイベント市場の成長が継続」について調査レポートを発表いたしました。    ...

read more
X