List of Research Published in Mobility @ Frost & Sullivan List of Research Published in Mobility @ Frost & Sullivan
View English version
Banner

農業におけるコネクテッドサービスおよびビッグデータ分析に関する見通し(~2022年)

この調査は、農機市場におけるビッグデータ分析やコネクテッドサービスの発展について調査、分析し、農業を変革するこれらサービスについて評価しています。農機市場はITにより新たな局面を迎えており、スマートコネクテッド製品が新たな機会とビジネスモデルの新分野を生み出しています。本調査では、農業分野におけるビッグデータソリューションやサービスの採用動向や、今後生まれる農業関連技術、OEMによるデジタル化の取り組み、農業におけるデジタルテレマティクスの市場成長・阻害要因、農機OEM、Tier1サプライヤー、IoTサービスプロバイダーにとっての農場デジタル化の今後の見通しについてまとめています。本対象技術は、精密農業、ビッグデータ、IoT、および自動システムとし、トラクター、収穫機、農薬散布機などの農機を含みます。調査対象期間は2016年から2022年までです。

Read more ≫

ラテンアメリカにおける新たなモビリティビジネスモデルの見通し(~2023年)

ラテンアメリカにおけるモビリティ市場は、人口変動や人々の嗜好、技術の変化により、オンデマンドや統合型、マルチモーダルモビリティネットワークといった新たなモビリティビジネスモデルの提供に急速に移行しています。本調査の目的は、アルゼンチン、ブラジル、チリ、メキシコの主要中南米市場の新たなモビリティ市場を調査、分析し、2023年までのシェアモビリティや統合型モビリティ市場の動向を理解することです。具体的には市場構造や競合状況、各市場において有望なモビリティビジネスについて現状と予測をまとめています。対象となるモビリティビジネスはカーシェアリング、自転車シェアリング、ライドシェアリング、eヘイリング(タクシー配車)、統合型モビリティ、企業向けモビリティです。調査対象期間は2016年から2023年までです。

Read more ≫

大型トラック小売業におけるデジタル化見通し(~2025年)

本レポートはグローバルにおけるトラック小売業のデジタル化について分析しています。 トラック小売業とそのビジネスモデルは陳腐化しており、見直しの時期を迎えていると言えます。デジタル化は、トラック小売ビジネスモデルやOEM ・ディーラー戦略の変化を推進するソリューションとなります。 トラック小売におけるデジタル化は、小売の発展、顧客の購入プロセス、アフターサービス、サプライチェーンの最適化、サービスとしてのトラック(TaaS)、販売管理の5つの主要分野に影響を与えるでしょう。なお、本レポートの調査対象期間は2016年から2025年までです。

Read more ≫

インドにおける商用車市場の見通し(~2022年)

この調査では、インドにおける商用車を利用する様々な産業とその使用パターン、買い替えサイクル、各産業の期待成長率に関し、GDP成長率などのメガトレンド、都市化、安全性、排出ガス基準の更新、税制改革、使用パターンの変化とそれによる商用車需要への影響などを元に分析しています。具体的な内容としては、2009年度から2011年度までの商用車市場分析、2016年および2017年の市場参入企業およびそのシェア、小型~大型商用車の各セグメントにおける参入企業の市場シェア、商用車エンドユーザー需要の成長要因、商用車需要における各産業の影響推定、メガトレンドの商用車市場への影響、2022年までの車両総重量(GVW)別市場予測などについてまとめています。調査対象車両は、インド自動車工業会(SIAM)の定義による貨物自動車(三輪車除く)および旅客自動車(乗用車・バン除く)です。

Read more ≫

自動車業界におけるアマゾンの将来(2017~2025年)

アマゾンは、オンライン小売業の世界的大手としての地位を確立しています。書籍や電子機器、食品まであらゆるものを販売しており、物流、製品ラインナップ、顧客インタラクションを継続的に革新してきています。各業者は、アマゾンを通じ自動車部品を販売しており、既存のオンライン部品販売業者と競争すべくこの事業を強化しています。アマゾン自身も「Amazon Vehicle」という専用ポータルを開設し、自動車関連部品や用品、サービスを提供しており、次のステップである車両販売については業界関係企業が注目しています。本レポートは自動車業界におけるアマゾンの将来について調査しており、事業機会とその利点、高度な人工知能ソフトウェアとハードウェアデバイスによる自動車OEMや顧客への影響、コネクテッドカー・自動運転などの自動車業界の他の分野への参入形態と競合企業についてまとめています。

Read more ≫

インドにおけるハイブリッドおよびEV技術に対する消費者の理解

本調査は、インドにおけるEVやハイブリッド車といった代替燃料技術に対する消費者意識や購入意欲に関する調査分析をまとめたレポートです。 調査結果として、フルハイブリッド車はEVやマイルドハイブリッド車に比べ受け入れられやすく、内燃エンジンに代わる車両として、フルハイブリッドを検討していることが分かりました。しかし、フルハイブリッドに対する全体的な意識は低く、北部と西部の消費者の認知度が比較的高い一方で、南部では最も低い結果となっています。本レポートでは、インドの自動車市場における主な車両購入要因、ハイブリッド・EVに関する顧客認知度、購入に関する利点や懸念、障壁、内燃エンジン車と比較した際の許容できる価格差、普及のために取るべき施策などについて具体的にまとめています。なお本調査は、2017年にインドの主要12都市で実施したものです。

Read more ≫

ビッグデータ分析および関連ビジネスモデルと自動車業界での活用事例(~2025年)

自動車業界におけるビッグデータ分析のエコシステムは、これまでのエコシステムに加えて、センサーメーカ、ウェアラブル機器メーカから通信プロバイダまで様々な関連領域を巻き込んだより複雑なものとなるでしょう。本調査レポートでは、自動車産業界におけるデジタル化という主要技術軸を超えて起きつつあるビッグデータ分析のイニシアチブに関する深い洞察を実施しています。少なくとも2017~2020年にかけては、主要OEMやティアIサプライヤーはビッグデータ分野に多くの投資を進めると見られ、企業提携や協業が利益化には重要な要素となっていくでしょう。

Read more ≫

自動車産業における「製品からサービス」への戦略転換(~2030年)

グローバルにおいて自動車の製品からサービス市場への移行が進んでおり、これら新たなビジネスモデルが生まれることで、自動車サービスの売上は1.3兆米ドル規模に拡大すると見られます。このレポートは、サービスとしてのモビリティ(SaaM)、コネクテッドサービス、アフターサービス、および自律走行車サービスといった様々なサービスモデルに焦点を当てています。具体的には、2030年までの自動車ビジネスモデルの発展、OEMおよびその他の市場参入企業が採ると見られる短・長期的な持続可能性戦略、自動車モビリティとシェアビジネスが伝統的な自動車販売に及ぼす影響、OEMにとって重要なセールスポイントと期待される収益分野、OEMの将来持続可能なビジネスモデルに関する市場の主要課題と戦略などについてまとめています。調査対象期間は2016年から2030年までです。

Read more ≫

グローバル主要自動車メーカーの自動運転、コネクテッド、電動化戦略(~2025年)

本調査では、自動車メーカーの事業を変革する自動運転(A)、コネクティビティ(C)、電動化(E)、まとめてACE技術の研究開発に焦点を当てています。自動車業界では収益性が低下しつつあり、新たな収益構造の創出や顧客のブランドロイヤリティの維持が必要となっています。このため、コネクテッド技術による自動運転やEV、シェアモビリティを融合したスマートモビリティなどが新たな分野として期待されています。本レポートの具体的な内容としては、自動車OEMによるACE技術関連投資へのアクションプランや期待される収益モデル、主要OEMのACE技術開発におけるポジショニングと強みなどについて調査、分析を提供しています。調査対象期間は2015年から2025年までです。

Read more ≫

お問合わせはこちら

>